若者ハローワークはニートが利用すべき?無料講座を活用しよう。

若者ハローワークはニートが利用すべき?無料講座を活用しよう。

ニートだけど、どうすれば社会に戻ることが出来るんだろうか?就職するにはどうしたらいいのだろうか?

ハローワークはニートでもつかえるのかな?説教されたりしないだろうか?

 

たくさんの不安と心配のせいで一歩踏み出せずにいるのではありませんか?

 

ニートは若者専用のハローワークであるヤングキャリアセンターを利用するのがベストです。

職歴が無くても、引きこもりをこじらせていても、就職に必要なサポートを提供してくれます。

 

ニートは若者ハローワークを利用して、カウンセリングや無料講座を活用しましょう。

若者ハローワークはニートが利用すべきなのか?

ニートは普通のハローワークを利用すべきではありません。

私の経験上、普通のハローワークには説教おじさんがいる可能性が高く、場所によっては求職者への対応が雑です。

 

「今まで何やってたの?甘い考えで生きてきたんだね?」みたいな分かり切ったことを言われます。

 

そういう人間にあうと、一気にやる気が萎えてしまうので本当にやめて欲しい……。せっかく勇気を出して行動したのにその後のやる気もなくなってしまいます。

正直言って、ニートが普通のハローワークに行ったとしてもなんの成果もないでしょう。

 

では、ニートは何処へ行けばいいのでしょうか?

 

それは、若者専用のハローワークである、ヤングキャリアセンターもしくはサポートステーションという場所です。

 

ヤングキャリアセンターは若者ハローワークといえる場所で、39歳以下の若年者を対象とした求人の紹介や就職に関連した無料講座を開いている場所です。

サポートステーションとは何かと言うと、主に就職に悩んでいる人に対するカウンセリングや就職へ向けた講座を開いている場所で、サポートステーションでは求人はやっていません。

 

ニートはヤングキャリアセンターとサポートステーションのどちらも活用すべきだと言えます。

就職への不安に関して誰かに相談したいのであれば、サポートステーションのカウンセリングを予約しましょう。

 

ヤングキャリアセンターでもカウンセリングを行っている場合もあるので予約状況を確認して、空きがあったらどちらでもいいので相談をしてみてください。

一人でもんもんと悩み続けているよりも、誰かに相談した方が気持ちが楽になります。

 

ヤングキャリアセンターもサポートステーションもどちらも専門の相談員が常駐していますので説教をされる心配はありません。

不安に思っていることを言葉にして誰かに聞いてもらうことで、かなり心が軽くなるのでぜひ利用してください。利用は無料で出来ます。

 

ただ、カウンセリングを希望している人がかなり多いので予約が必須であり、その予約は数週間、場合によっては1か月以上先になる時もあります。

カウンセリングを受けたい場合は速めに予約をしておきましょう。

 

ニートは若者ハローワークである、ヤングキャリアセンター、サポートステーションの利用を検討してください。

普通のハローワークよりも断然、対応がいいので近くのヤングキャリアセンター、サポートステーションについて検索してみてください。

 

若者ハローワーク利用時の注意点

ニートが若者ハローワーク(ヤングキャリアセンター)を利用する際は、私服で大丈夫です。

持ち物はメモ帳と筆記用具があると便利。就職へのアドバイスや講座の予約などをメモしておくのに必要になります。

 

はじめての利用の際は「求職申込書」なるものを記入することになります。

住所、氏名、年齢、電話番号、学歴職歴などを記入します。

 

私のように職歴なしの人間は職歴を書く必要ありません。何をやっていたのか聞かれる可能性があるので適当な答えを用意しておきましょう。一方的に説教はされることは無いので安心してください。

最初の利用の際はおそらく講座受講方法の説明や適職診断をパソコンでやったりします。

 

いきなり求人に応募するのはおすすめしません。

 

なぜかと言うと、若者ハローワークといっても求人の質が良いというわけではなく、空求人やブラック会社が求人情報に混じっているからです。

求人内容じたいを眺めるのはやってほしいと思います。求人を眺めることで「あれ?この求人、いっつも募集してるな……。」などの知識がたまります。

 

そういった知識があれば、空求人やブラック企業に応募せずにすみますし、求人の良し悪しが分かるようになるので求人を眺めることはやってみてください。

 

ニートがはじめて若者ハローワーク(ヤングキャリアセンター)を利用するときは、カウンセリングの予約と無料講座の受講予約をするのがおすすめです。

ニートは誰かに相談することで狭まった視野を広げることが出来ますし、講座を受講することで就職に向けた必要知識の獲得が出来ます。

 

カウンセリングも無料講座も予約が取りにくい場合があるので、早めに職員の方に聞いてみましょう。

職員の方は職歴なしのニートや今まで引きこもっていた人への対応などの経験が豊富です。

 

多少おせっかいに感じるかもしれませんが、それだけ真剣ということです。

ニートから社会復帰するためにも積極的に活用していきましょう。

 

ニートは若者ハローワークを利用する前に準備をしよう!

私がニートの時、適当に講座だけ受講してみようと考えて「面接練習講座」を受講してしまったことがあります。

何にも考えずに引きこもりのニートが講座受講してしまうときつい時間を過ごす場合もあります。

 

ただの座学だと思ったらロールプレイありの講座だったりするので気を付けてください。

 

私が受講した「面接練習講座」は周りの人たちと一緒に模擬面接をやって、自己PRなどを発表しあう講座でした。

なんの覚悟もしておらず、準備もしていなかった引きこもりニートには地獄の時間です。

 

私のような状態にならないためにも自己分析をして、せめて自己PRと志望動機(やりたい仕事に対する)をはっきりさせておいてください。
グッドポイント診断LP

せめてこのグットポイント診断をやっておけば、あんなにテンパった時間を過ごさなくてもよかっただろうなと思います。

 

グットポイント診断の診断結果は自己PRや志望動機にも使える文章になっています。

面接講座を受けるときは、事前に自己PRと志望動機、やりたい仕事に関してを自己分析しておいた方がいいでしょう。

 

あと、長所短所に関しても発表しあった気がします。それも準備しておいてください。

長所も短所もグットポイント診断を使えばあまり苦労しないでしょう。

 

講座内で用意された短い時間で考えるよりかは落ち着いて考えられるはずです。

事前にある程度の自己分析をやってから講座を受講した方が、当日テンパらなくてすみます。

グッドポイント診断LP

若者ハローワーク(ヤングキャリアセンター)の面接講座は、本番の面接への予行練習としてはとても役に立つ講座です。

先に自己分析などの準備をしつつ、他人とのロールプレイがあることを覚悟して講座の受講をしてください。

ニートは就職できない?社会復帰するには自己分析を徹底せよ!

 

ニートは若者ハローワークに期待しすぎない

若者ハローワーク(ヤングキャリアセンター)と言えども求人内容はほぼハローワークと変わり映えしません。

私がニートだった時は、ハローワークの求人で就職していません。

 

ただ、面接の約束を取り付けてくれるところまではやってくれるので、面接練習と思ってやりたい仕事に応募してみましょう。

 

面接は場数をこなせば確実に慣れてきます。私の場合は5回目くらいで緊張は薄れ、10回目以降は落ちても気にしなくなりました。

慣れてきたら、ハローワークの求人だけでなく自分で求人広告やWEBサイトを見て応募しましょう。

 

電話をする際はかなり緊張するでしょうが、これも慣れです。

ハローワークの求人に応募するメリットは電話を職員の人がかけてくれることだな、としみじみ思います。

 

ニートが社会復帰するためには使えるものは何でも使う精神が必要と言えます。

なかなか就職が上手くいかないという場合は、就職に関するプロである転職エージェントを活用してみてください。

 

20代であればいい就職が求人内容が充実しているのでおすすめです。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

担当のコンサルタントの人も親切丁寧だったのではじめての場合はここが良いと言えます。

 

30代以上の場合はマイナビエージェントが良いでしょう。

マイナビエージェント

さすがは大手の企業なだけあって、担当コンサルタントの対応能力が高く、丁寧に感じました。

どちらの転職エージェントもニートの就職活動にとって役立つはずです。

 

しかし、注意点として「おんぶに抱っこの精神」で転職エージェントは利用しないでください。

 

転職エージェントはどんなに大手で有名なところだったとしても、自分の報酬の事しか頭にない劣悪な担当者がいます。

その担当者に良い様に使われて養分にされてしまわないように、自分のやりたいこと、人生の目的、重要な価値観をはっきりと認識しておいてください。

 

私が初めて利用した転職エージェントはWEB上ではニートが就職するには絶対に利用すべき、みたいに書かれていました。

ですが、利用してからかなり精神が不安定になったのを覚えています。

私のいう事を二の句で否定して、誘導したい方向へ無理やり話を変える担当者だったので、話すたびに消耗させられました。

 

そんなことにならないためにも、自己分析をしっかりやって自分のことを理解してから転職エージェントは利用しましょう。

 

誰かに全面的に頼ろうとする「おんぶに抱っこの精神」を捨ててください。

 

そうでなければニートからの脱出はできません。

 

まとめ、若者ハローワークはニートが利用すべき?無料講座を活用しよう。

 

私の様な職歴のまったくない引きこもりニートも、若者ハローワーク(ヤングキャリアセンター)とサポートステーションを利用して就職への道を切り開けました。

 

今現在がニート状態だとしても、無料講座を受けたり、カウンセリングで話を聞いてもらったりしているうちに就職への気持ちが整っていくと思います。

 

ロールプレイがあるタイプの面接練習講座などには注意が必要ですが、どの講座も就職活動において受講しておいて損はありません。

ロールプレイがある講座を受ける際は、事前に準備をしておいた方がテンパらなくていいので自己分析を先にしておく事をおすすめします。

グッドポイント診断LP

隣の席の人と長所短所を発表する場合もあるので、グットポイント診断であなたの強みを事前に理解しておくといいでしょう。

 

私のような8年にもおよぶ長期間ひきこもりニートもなんとか社会復帰は出来ました。

 

あなたも絶対に社会復帰できます。

まずは無料で使える若者ハローワーク(ヤングキャリアセンター)の無料講座とカウンセリングをうけるところから始めてみてください。



ニート社会復帰への道カテゴリの最新記事