Booksphere

漫画(マンガ)作品の評価、感想、試し読みができる場所を紹介するサイトです。

ウォルテニア戦記  漫画の評価、感想、試し読み

作品名ウォルテニア戦記
作者保利亮太・八木ゆかり
出版社ホビージャパン
巻数既刊2巻
ジャンル異世界召還
アニメ×
エロ要素×
  
おすすめ度★★★
ストーリー★★★
絵のきれいさ★★★★
キャラのかわいさ★★★★
個性豊かなキャラクター★★
世界観★★★
エロス

作品紹介

 ある日、学校の屋上で昼食をとっていた高校生・御子柴亮真。しかし突然、別の場所へと転送されてしまう。そこは戦乱の続く異世界、周りには武装した兵士に自身を召還した人物。御子柴亮真は持ち前の武術を活かし兵士たちと召還者を皆殺しにして逃走する。逃走中に盗賊から助け出した双子の姉妹、彼女たちは「法術」の力を持った戦奴隷だった。
 御子柴亮真は彼女たちを配下に従えたことで、覇王としての道を歩むことになる…。

作品の感想

 ウォルテニア戦記の漫画版はホビージャパンが運営するWEB漫画サイト「コミックファイア」にて掲載されています。もともとは小説家になろうで連載されていた作品で今現在も原作小説の方はWEBで読むことが出来ます。

 漫画版「ウォルテニア戦記」の作画担当の八木ゆかりさんはこの他に「無重力ガール」や「ラグナロクオンライン 箱の中の奇妙な住人」の作画も担当しています。背景も丁寧に描かれていますし、キャラクターの書き分けもしっかりできており、登場する女の子はみんなかわいく描かれています。私はこの八木ゆかりさんの絵はかなり好みです。かわいい女の子ばかりでなくしっかりと男、おっさんが書けていますし、建物や魔獣も上手くかけていて非常に絵のレベルが高いと思います。

 さて、ストーリーですがこのウォルテニア戦記の主人公は御子柴亮真という高校生です。日本人で武術の覚えがあるという設定であり、物語の初っ端におじいさんと真剣で本気の切りあい(じゃれあい)をしているというはっきり言って普通の高校生じゃありません。主人公が学校の屋上にて昼食をだべている最中に突然全く違う場所に転移します。

 なろう小説でよくあるタイプの異世界に召還されちゃった系の作品です。異世界転生ではなく、問答無用で異世界に召還されるという、主人公にとって迷惑なタイプの異世界ファンタジーです。昔でいうところのサモンナイトの召喚獣みたいなものですね。異世界人は地球人を召還魔法で呼び出して奴隷のような隷属契約を結んでこき使ってやるみたいな、自分が異世界に行くにしてもできれば避けたい設定ですね。

 しかし、そんな迷惑な召還のされかたをした主人公ですが、思考回路が普通ではありません。ウォルテニア戦記の主人公「御子柴亮真」は、召還されたその場にいた兵士たちの殺気を敏感に感じ取り、素手で皆殺しにします。普通なら召還されれば混乱するところですが主人公は素手で敵を殺し、敵意を見せていない医者たちも皆殺しにする。この点、最初はえ?って感じでした。

 日本で暮らしていた日本人がいきなり殺気を向けられたからと言って速攻で殺すという判断を下す主人公はだいぶ頭がおかしいヤツだなぁと思いました。ただの医者すら自分が逃げおおせるために殺すのですから、そのへんの不殺系主人公とは全く違います。その後は異世界に召還されて奴隷にされたであろう地球の人たちに同情して怒りを覚えるような心理描写もあり、優しい面も垣間見せます。基本この主人公は敵対した奴は「殺す」という武士タイプの人間だと考えればいいでしょう。

 異世界で生き抜くため日銭を稼がねばならない主人公はギルドに加わって冒険者になります。異世界ものではよくあることですね、だいたいの異世界には冒険者が集まり金を稼げる場があるものですからこの作品にもあるのです。

冒険者としての仕事中に奴隷に身を落とした双子の姉妹を成り行き上助けます。転生先では味方がゼロですから旅の仲間は必要ですし、ここまで女の子成分が足りないのでストーリーの華になるキャラクターの登場は歓迎です。奴隷の双子姉妹と契約を結んだ主人公はその奴隷姉妹のご主人になり3人の物語がここから始まります。

 双子の姉妹はかわいいですし、主人公がウジウジしていない即殺系(即敵を殺すタイプ)ですので異世界ものとしては面白い方ではないでしょうか。絵も綺麗で女の子のキャラクターたりもかわいく描かれていて作画の質は高いと思います。

 典型的な、なろう系の物語ですが面白いストーリーだと思います。作画が良いのでストーリーの少しおかしな部分は目を瞑ることが出来ると思います。序盤以降は話も面白くなりますが、そう言えば、かわいい女の子がいるのにあまりエッチい描写はないなぁと読み返してみて思いました。

 絵がきれいで女の子もかわいいけれどもそういう性的な描写は書き慣れていないのかな?奴隷姉妹が犯される寸前のところでコマわりでごまかしている箇所があり、相手を殺すシーンも読み返すと直接描写があまりないように感じます。そういう方針なのかな?よくわかりませんが。

 ウォルテニア戦記はなかなか面白い作品です。気になった方はホビージャパンが運営するWEB漫画サイト「コミックファイア」を覗いてみて面白かったら単行本を買ってみてはいかがでしょうか。

この作品の関連商品

おすすめ情報

Kobo Aura ONE コミックEdition

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBアップル タブレット PC 単体 新品

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック


おすすめ漫画特集

ジャンル別

ページのトップへ戻る