Booksphere

漫画(マンガ)作品の評価、感想、試し読みができる場所を紹介するサイトです。

咲 -saki-  漫画の評価、感想、試し読み

作品名咲 -saki-
作者小林立
出版社スクウェア・エニックス
巻数既刊17巻
ジャンル麻雀
アニメ2009年/2012年放送
エロ要素エロ少
  
おすすめ度★★★★★
ストーリー★★★★
絵のきれいさ★★★★
キャラのかわいさ★★★★★
個性豊かなキャラクター★★★★★
世界観★★★★
エロス★★★

作品紹介

 宮永咲(みやながさき)は高校一年生。奇跡的な麻雀を打ってのける(毎局プラスマイナスゼロで和了(あが)ることができる)美少女。原村和(はらむらのどか)の天才的な打ち方に感化され麻雀部に入部することを決意する。二人の天才美少女がインターハイの頂点を目指す!!

作品の感想

 小林立がおくる本格美少女麻雀漫画それが「咲 -saki-」という作品である。
 咲 -saki-の世界では麻雀が全世界規模で行われているようで、高校生の全国大会も相当な盛り上がりがあります。その全国高等学校麻雀選手権大会での優勝を目指す少女たちのストーリーが描かれます。主人公は±0で麻雀を打つ宮永咲。当初は勝つための麻雀を打たなかった咲ではあるが原村和との約束と自身の姉「宮永照」との対話のために全国大会を目指すことを決める。

 咲 -saki-の世界では数多くのキャラクターが登場します。中にはオカルト的な能力をもった少女たちも数多くおり、宮永咲とその姉、宮永照もそういった能力をもったキャラクターである。例えば、主人公が所属する清澄高校麻雀部には東場において驚異的な和了(あが)りをする優希ちゃんや嶺上開花にて和了り牌を引き当てる咲がいますし、ほかの相手から捨て牌が見えなくなる鶴賀学園の東横桃子(ステルスモモ)、海底撈月で和了る龍門渕の天江衣(あまえころも)などが登場します。

 咲 -saki-では様々な高校が登場します。清澄高校と全国への切符をかけて戦った龍門渕高校、鶴賀学園、風越女子高校の女の子たちにもちゃんとスポットライトを当てて彼女たちが全国を目指す理由なども描かれています。主人公たちだけに注目する作品ではなく登場するたくさんのキャラクターのサイドエピソードが数多く描かれているので魅力的なキャラクターたちをさらに魅力的なものへと彩っています。全国大会でもさらに魅力的なキャラクターが登場するので読者の人気キャラクターがなかなか定まらない作品だと言えます。

 原村和が子供のころ奈良に住んでいた時の友人たちが活躍する「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」も登場し清澄高校が全国で戦うブロックとは反対側に位置する高校の熱い戦いも描かれています。
 阿知賀が戦うことになるのは日本で一番強い高校といわれる白糸台高校、そこには「咲 -saki-」の主人公である宮永咲の姉である宮永照が登場します。「咲-Saki- 阿知賀編」にも宮永咲が登場しますがまるで魔王降臨のようなオーラをまとった感じで描かれています。他校から見たら咲ちゃんはこういうふうにみえるのかと別の視点から主人公をみることの新鮮さを感じることができます。
 この「咲-Saki- 阿知賀編」で魔王のように描かれた咲ちゃんですが恐らく本編の「咲 -saki-」において全国大会抽選前に迷子になっているところなのでしょう。
 涙目でおろおろしているはずの咲ちゃんがあのように見えるとは「咲 -saki-」本編を読んでいるときは誰も想像しなかったはずです。

 「咲 -saki-」はアニメ化もされておりアニメでは漫画の県大会決勝までのストーリーが描かれました。「咲 -saki-」の漫画では一切語られていない個人戦での彼女たちの戦いがアニメでは作られており、漫画の本編においてもその個人戦での成績が流用されて対策をたてられたり、個人戦ではこういう成績だったなどと他のキャラとの会話にでてきたりします。ですので「咲 -saki-」の世界観を楽しむためには漫画を読むだけでは足らず、アニメも鑑賞するする必要があると言えます。
 漫画本編でほんの少ししか登場しないキャラクターがアニメの個人戦で敵のひとりとして活躍したりしますし、全国大会にて登場したキャラクターやまだ登場していないキャラクターの動く姿をちょっとだけ見ることができます。全国大会準決勝に進むための大将戦において登場する宮守女子(岩手)の姉帯豊音、永水女子(鹿児島)の石戸霞、姫松高校(南大阪)の末原恭子がBD版にて登場します。DVD版には登場しておらずBD版にて修正されたようです。さらに「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」もアニメ化されておりその作中にて清澄をはじめ鶴賀、龍門渕、風腰のキャラクターが登場します。ほんのちょっとですが咲たちが戦った宮守、永水、姫松のキャラクターもでてきていますので、知っている人は盛り上がったことでしょう。

 「咲-Saki-」BD特典映像のピクチャードラマもなかなか面白いのでぜひ咲好きには見ていただきたいと思います。昔発売したものは麻雀牌などの特典物が満載なうえに価格がめちゃくちゃ高かったのですが、最近になってそういった特典物が付属していない安い商品(はじめから出してほしかったし・・・)が販売されているのでそちらをおすすめします。(昔の特典だった麻雀牌は使えたものではありません、ぶっちゃけ鑑賞用でした。)
「咲-Saki-」において咲たちの学校である清澄高校は長野にあります。つまり県大会において舞台となっているのは長野であり漫画のカラーページや表紙に描かれて背景として使われている場所もだいたいが長野です。実際に背景に使われた場所はあるようでその場所を聖地としてめぐっている人もいるくらいです。学校の名前のもとになったであろう鶴賀という場所があるのは知っていますが実際に登場する名前そのままの学校は無いようです。モデルになった高校は存在するとのこと。県大会の会場のモデルも存在しているそうです。

 「咲-Saki-」にはたくさんの魅力的なキャラクターが登場しますがただ、たくさんキャラクターが出てくるから人気があるわけではありません。この作品にはある程度、ゆり属性のキャラたちが登場します。咲と和や鶴賀のステルスモモと加治木ゆみなどかわいい女の子同士が仲よく接しているストーリーは読んでいてほんわかします。そのたくさん登場するキャラクターたちの日常にスポットライトを当てた作品に「咲日和」があります。この作品ではいっさい麻雀に関して触れていませんが本編にて登場した様々なキャラクターがゆるいストーリーを展開する四コマ漫画として楽しめるでしょう。咲-Saki-という作品のキャラクターがさらに魅力的に見えるようになるかと思います。

 この作品をめいっぱい楽しむためには次の商品すべてに目を通すべきだと断言できます。
[漫画]
・咲-Saki-
・咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
・咲日和(キャラクターの魅力がアップします)
[アニメ]
・咲-Saki-(県大会個人戦が見れるのはアニメのみ)
・咲-Saki- 阿知賀編(TV放送最終話は漫画を一度追い越しました)
・咲-Saki- 全国編(3期)

この作品の関連商品

作者の関連作品

おすすめ情報

Kobo Aura ONE コミックEdition

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBアップル タブレット PC 単体 新品

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック


おすすめ漫画特集

ジャンル別

ページのトップへ戻る