Booksphere

[評価・感想]三ツ星カラーズ

三ツ星カラーズ  漫画の評価、感想、試し読み

作品名三ツ星カラーズ
作者カツヲ
出版社KADOKAWA
巻数既刊4巻
ジャンルほんわか日常
アニメ2018年放送
エロ要素×
  
おすすめ度★★★★
ストーリー★★★
絵のきれいさ★★★★★
キャラのかわいさ★★★★★
個性豊かなキャラクター★★★★
世界観★★★
エロス

作品紹介

 三ツ星カラーズは、作者カツヲによる漫画作品。月刊コミック電撃大王で連載され2018年にアニメ化。東京上野を舞台に活動する小学生三人組カラーズ。上野の公園内にアジトをもつカラーズのメンバーは結衣、さっちゃん、琴葉の三人娘。上野の平和を守るためカラーズは交番のおまわりにケンカを売ったり、商店街のおつかいをしたり大忙し。
 明るくて楽しい彼女たちカラーズの活動は日々、周りを巻き込んで進行中。

作品の感想

 三ツ星カラーズはカツヲが「月刊コミック電撃大王」にて連載している漫画作品です。苺ましまろとよつばと!を足して2で割ったような感じの作品。女の子のキャラクター達は、とてもかわいらしく描かれており、背景も緻密で上野の景観を良く表しています。

 三ツ星カラーズを読み始めた時は、この漫画の舞台が東京の上野だと知りませんでした。ですが、カラーズの女の子たちが行動している街の背景は、どこかで見たことある景色。読み進めていくと、「あ、ここ上野じゃん」と気づくことが出来ました。それくらいに、上野の街を上手く絵で描写しています。

 かわいい女の子が活躍する漫画で「苺ましまろ」という作品がありますが、その漫画が好きならばこの三ツ星カラーズも好きになるでしょう。ただ、1巻はあまり面白いとは感じませんでした。女の子たちの行動にムチャすぎる部分があり、アメ横の看板に上るのは危険すぎるだろと感じました。あの看板結構高い場所に設置されているんですよ、現実路線なストーリーを描くのであればもう少し気を付けて物語を練ってほしいと思いました。

 2018年には三ツ星カラーズのアニメも始まって、この漫画のファンも増えるかもしれません。もしもこの漫画三ツ星カラーズの1巻を読んであまり面白くないと思ったならば、せめて、2巻まで読んでほしい。1巻はまだ、手探り状態なのでいまいち面白くないのですが、2巻からキャラクターも増え、物語もしっかりしたものになっていきます。パン屋の姉妹が出てくるあたりにはこの漫画の方向性が決まってきて、全体の雰囲気も良くなってきます。

 三ツ星カラーズは、三人の小学生の女の子が日夜、上野の街の平和を守るために活躍する話。平和を守るとは言っても、小学生ですから、上野近辺でただ遊びまわるだけの物語です。商店街の人達のお願いを聞いたり、不忍池の近くで納豆食べたり、トランシーバーで遊んだりと、かわいい女の子が上野の街を走り回ります。

 とにかく絵がかわいいので、癒される作品です。女の子の絵はぷにっとしていてかわいらしいですし、表情の移り変わりも、パタパタした動きの描き方も非常に上手い作者だと思います。背景の上野の街並みも上手く表現していて、街のどのあたりか分かるくらいに丁寧に表現されています。

 ストーリー自体はカラーズの三人が結構ムチャなことをするので、気になる部分はありますが、2巻からは1巻よりもましにはなります。ただ、上野の人間たちが、漫画の中ではいい人ばかりなので、その辺に違和感があります。上野によくいく人から見ると、あの近辺にいる人間がそんな、いい人ばかりなはずがないって良く知っているはずですから(笑)

 三ツ星カラーズは苺ましまろと、よつばとを足して割ったような作品と誰しもが感じる漫画です。ですが、巻が進むごとに、独自の雰囲気を確立していく漫画なので、1巻がしっくりこなくても2巻以降を読んでみることをおすすめします。

三ツ星カラーズのアニメ公式サイトはこちら

この作品の関連商品

おすすめ情報

Kobo Aura ONE コミックEdition

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBアップル タブレット PC 単体 新品

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック


おすすめ漫画特集

ジャンル別

ページのトップへ戻る