Booksphere

漫画(マンガ)作品の評価、感想、試し読みができる場所を紹介するサイトです。

女子かう生  漫画の評価、感想、試し読み

作品名女子かう生
作者若井ケン
出版社双葉社
巻数既刊7巻
ジャンル女子高生日常
アニメ×
エロ要素エロ少
  
おすすめ度★★★★
ストーリー★★★
絵のきれいさ★★★★
キャラのかわいさ★★★★★
個性豊かなキャラクター★★★
世界観★★★
エロス★★

作品紹介

 ふとももムッチリ天然系のもも子とクールなメガネ女子のしぶ美、そしてふと眉がかわいいちびっ子まゆみ。3人の女子高生が送るおバカで可愛い日常を、セリフを一切使わずに漫画にしたサイレントスクールライフコメディ!
 学校の教室で、自宅の軒先で、いつもの帰り道で、いろんな場所で繰り広げられる女子高生たちのかわいい日常がコミカルに描かれる。

作品の感想

  「女子かう生」は女子高生を主人公とした吹き出しのないサイレント漫画です。擬音などの文字は出てきますが、登場するキャラクターは一切しゃべりません。ですがしっかりとストーリーがあり、かわいい女子高生のコミカルな日常を絵で表現していて面白い作品です。

 この女子かう生の作者は「若井ケン」といい、「僕は恥っこが好き」という漫画作品をスクウェア・エニックスのウェブコミック配信サイト「ガンガンONLINE」で連載していました。女子かう生の方は「WEBコミックアクション」というサイトで月一くらいで連載しています。会員制のサイトではないので誰でも女子かう生の最新話を読むことが出来ますのでWEBコミックアクションを訪れてみてはどうでしょうか。

 女子かう生の主人公は天然系女子高生「富戸もも子」でパンツ見せ要員って個人的には思っています。大体天然系女子高生なんて存在はどんな作品でもパンツ見せ要員ですよ(暴論)。この主人公の天然系女子以外に「渋沢しぶ美」という眼鏡女子高生、そして「古井まゆみ」という眉毛太目の転校生女子高生が出てきます。主要キャラクターはその三人でストーリーが進みます。もちろん吹き出しなしのサイレント漫画として女子高生たちの和気あいあいとした日々を漫画として表現しています。

 女子かう生の1巻を読んだときは正直いまいちかなと思いました。今まで文字なしの漫画ってほとんど読んだことなく、この女子かう生は確かkindleの期間無料かセールかで買ったのがきっかけで手に取ったのだと思います。主人公の女子高生はギャルっぽい見た目でかわいいので手に取ってしまったのでしょう。絵はかわいいですし、女子高生のコミカルな動きは癒されます。

 女子かう生の一巻のはじめの方の話では主人公の「富戸もも子」が工事で使う三角コーンを持ち去ってしまうんですが、その辺はいくら天然系女子高生といっても窃盗じゃね?と思いました。基本この作品は富戸もも子という主人公にスポットを当てて物語が進んでいきますが、ことある事にパンツをチラ見せしたり胸を強調したりしてエロいです。別に肌をさらけ出したりはしませんが、制服越しに体のラインが想像できるのはエロいなと思いました。

 女子かう生の一巻ではパンツのチラ見せが多かった印象ですがその後はそういったパンツ見せはなくなっていきます。最初は読者を引き付けるためにそういったエロ描写を強調して入れていたのでしょう。個人的には二巻の話で、鏡の前で朝の準備をしているといった回がよかったです。鏡の前で歯磨きしたり、髪形をいろいろためしたり、とてもかわいいなと思いました。結局オチはパンツでしたが…。

 1巻はいまいちだと思っていましたが2巻からは結構面白くこの作品を読めるようになりました。サイレント漫画なので他の漫画作品よりも読む速度は必然的に早くなってしまい、ボリューム不足に感じてしまいます。まぁキャラクターが一切しゃべりませんので仕方がないことです。それでも彼女たちが作品の中でどんな話をしているのかを想像しながら読むのは、なかなか他の作品ではない楽しみ方ではないでしょうか。

 サイレント漫画で吹き出しなし、キャラクターのお喋りなしの作品なのでストーリー重視の方だと物足りなさを感じると思います。ですが女子高生たちのコミカルな動きはどんなことを喋っているのか読んでいる側にも伝わって来るかのようです。作者「若井ケン」の作品「女子かう生」は読者側に想像の余地があってとても面白い作品です。

この作品の関連商品

おすすめ情報

Kobo Aura ONE コミックEdition

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBアップル タブレット PC 単体 新品

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック


おすすめ漫画特集

ジャンル別

ページのトップへ戻る