Booksphere

漫画(マンガ)作品の評価、感想、試し読みができる場所を紹介するサイトです。

働かないふたり  漫画の評価、感想、試し読み

作品名働かないふたり
作者吉田覚
出版社新潮社
巻数既刊12巻
ジャンルニート兄妹日常
アニメ×
エロ要素×
  
おすすめ度★★★★
ストーリー★★★★
絵のきれいさ★★★★
キャラのかわいさ★★★★
個性豊かなキャラクター★★★★
世界観★★★
エロス

作品紹介

 作者の個人ブログで圧倒的支持を得たニート兄妹漫画がくらげバンチでの連載を経て待望のコミックス化。対人恐怖症でマイペースなひきこもりの妹「春子」とニートなのに友達もいて頭もいい兄の「守」。母の苦悩を他所にふたりは楽しく仲良くニートな日々を過ごす。ふたりの兄妹がおくる楽しいニートライフがここに!

作品の感想

 二人のニート兄妹がおくる楽しいニートライフ漫画がこの「働かないふたり」という作品です。社会的にはニートは負の存在と見られがちですがこの作品の中の兄妹は楽しく仲良く日常を過ごしております。まぁ、ニート二人の母はかなり苦労していますが親と兄妹の関係は険悪ではありません。母親が春子を無理やり散髪に連れて行ったり、一緒に服を買いに行ったり(春子を無理やり連れていく)とか、父は兄妹といっしょにゲームやったり仲のいい家族です。

 この作品くらげバンチで連載される前はネットで面白いと話題になり、画像がいろんなところで貼られて私もそれでこの作品の存在を知りました。働かないふたりという作品がネットで話題になった後、くらげバンチという新潮社のWEBコミックサイトで連載され単行本にまでなりました。

 働かないふたりを読んだ時、最初はいまいちな絵だなと思いましたが、徐々に絵の質が良くなっていきます。1巻の最初の方の春子はまったくかわいくはありませんが、巻数を重ねるごとにかわいく表情豊かになっていきます。守も最初は陰険そうな眼鏡キャラでしたが、だんだんと頼れるお兄ちゃんとしてかっこよくなっていきます。

 1巻の時はほんと駄目兄妹ですが巻数が進むごとに兄・守のお友達の登場回数も増え守がどういった人物なのかキャラの肉付けも進みますし、妹・春子の友達も登場しにぎやかになっていきます。話が進むごとに妹の春子も明るくなっていき相対的に常識人になっていきます。登場人物の癖が強いのでニートが一番まともな気がしてきます。

 はじめのころは兄の友達とも全く話すことが出来なかった妹の春子ですが、次第に打ち解けていって公園で遊びまわったり、部屋でゲームや映画見たりとニートなのに日々とても楽しそうに過ごします。1巻でおしっこ漏らした女の子とは思えない成長ぶりです…。

 この作品、働かないふたりではたま~に嫌な人間が出てきます。そういう人間もいる世界なんですよってことを描いているのでしょう。ですが、そんなの関係なくニート兄妹の日々は続きます。ニート兄妹を隣のマンションから眺めて疲れた心を癒すOLがニート兄妹と親交を深めたり、男の子が好きな美少年の友達が遊びに来たり、拳で語る系の女子が出てきたりとこのニート兄妹の周りには個性の強いキャラクター達が集まってきます。

 絵も2巻あたりから画風が整ってきて女の子はかわいいですし、背景なども見やすい絵になってきました。様々なキャラクターが登場し、ただのニート兄妹が部屋の中でゲームしたり、映画見たりしているだけの作品ではなくなってきました。

 この働かないふたりという作品は飛び切り面白いという作品ではありません。ですが、ニートの兄妹が日々楽しく生きている様はうらやましい限りで、読んでいて嫌な気分になる類の作品ではありません。ニート兄妹と愉快な仲間たちが楽しく日々を過ごす作品で読んでいて楽しくなる話が多いです。

 疲れた日々をお過ごしの方にこそ「働かないふたり」という作品をよんでみることをお勧めしたいと思います。

この作品の関連商品

おすすめ情報

Kobo Aura ONE コミックEdition

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBアップル タブレット PC 単体 新品

Kindle Oasis (Newモデル) 32GB、Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック


おすすめ漫画特集

ジャンル別

ページのトップへ戻る